新・判例解説Watch   [ 編集委員・執筆者一覧 ] [ 速報重要判例解説 ] [ 閉じる ]
【ISSN:1881-7009】
租税法
 租税法 No.148 (文献番号 z18817009-00-131481651) 2018/8/24掲載 本文
 相続税法における遺産分割成立後の更正の請求と取消判決の拘束力(東京地方裁判所平成30年1月24日判決<LEX/DB25550456>)
 早稲田大学教授 首藤重幸
 租税法 No.147 (文献番号 z18817009-00-131471646) 2018/8/24掲載 本文
 いわゆる「横目調査」で得た資料の逋脱事件における証拠能力(大阪地方裁判所平成30年5月9日判決<LEX/DB25449489>)
 早稲田大学博士課程・弁護士 伊藤秀明
 租税法 No.146 (文献番号 z18817009-00-131461611) 2018/5/25掲載 本文
 資本剰余金の配当とみなし配当の計算について(東京地方裁判所平成29年12月6日判決<LEX/DB25560540>)
 税理士・前金沢学院大学教授 田島秀則
 租税法 No.145 (文献番号 z18817009-00-131451597) 2018/4/6掲載 本文
 還付加算金にかかる弁護士費用按分額の必要経費性(東京地方裁判所平成28年11月29日判決<LEX/DB25538373>)
 早稲田大学教授 首藤重幸
 租税法 No.144 (文献番号 z18817009-00-131441573) 2018/2/9掲載 本文
 代償債務の不履行を理由とする遺産分割のやり直しと更正の請求の可否(大阪高等裁判所平成27年3月6日判決<LEX/DB25447472>)
 金沢大学准教授 平川英子
 租税法 No.143 (文献番号 z18817009-00-131431571) 2018/2/2掲載 本文
 任意組合の持分の譲渡による所得(国税不服審判所平成28年3月7日裁決<LEX/DB26012859>)
 大東文化大学教授 森 稔樹
 租税法 No.142 (文献番号 z18817009-00-131421560) 2018/1/12掲載 本文
 私道の用に供されている宅地の相続税評価(最高裁判所第三小法廷平成29年2月28日判決<LEX/DB25448475>)
 常葉大学教授 柴 由花
 租税法 No.141 (文献番号 z18817009-00-131411529) 2017/9/22掲載 本文
 不動産取得税に係る特例適用住宅の戸数要件の解釈が問題となった事例(最高裁判所第一小法廷平成28年12月19日判決<LEX/DB25448336>)
 大阪府立大学准教授 酒井貴子
 租税法 No.140 (文献番号 z18817009-00-131401511) 2017/7/28掲載 本文
 法人税法64条の2第3項が定めるリース取引に該当しないとされた事例(松山地方裁判所平成27年6月9日判決<LEX/DB25540984>)
 琉球大学教授 野口 浩
 租税法 No.139 (文献番号 z18817009-00-131391497) 2017/6/23掲載 本文
 信託契約の受託者が所有する信託財産に係る固定資産税の滞納処分(最高裁判所第三小法廷平成28年3月29日判決<LEX/DB25447866>)
 愛知学院大学教授 水野惠子
 租税法 No.138 (文献番号 z18817009-00-131381494) 2017/6/16掲載 本文
 有料老人ホーム駐車場に対する固定資産税等の住宅用地特例適用の可否(東京地方裁判所平成28年11月30日判決<LEX/DB25537761>)
 税理士 藤曲武美
 租税法 No.137 (文献番号 z18817009-00-131371468) 2017/3/10掲載 本文
 非居住者に不動産の譲渡対価を支払う者(源泉徴収義務者)の注意義務(東京地方裁判所平成28年5月19日判決<LEX/DB25536352>)
 金沢大学准教授 平川英子
 租税法 No.136 (文献番号 z18817009-00-131361446) 2017/1/20掲載 本文
 清算株式会社の株式を相続した場合の相続税と所得税の関係(大阪地方裁判所平成27年4月14日判決<LEX/DB25447418>)
 早稲田大学教授 首藤重幸
 租税法 No.135 (文献番号 z18817009-00-131351381) 2016/8/12掲載 本文
 コンピュータソフトによらず得た競馬所得の所得区分と外れ馬券の経費性(東京高等裁判所平成28年4月21日判決<LEX/DB25542863>)
 新潟大学准教授 今本啓介
 租税法 No.134 (文献番号 z18817009-00-131341352) 2016/5/27掲載 本文
 控訴審段階で追加した予備的主張が違法な理由の差し替えに該当するとされた事例(東京高等裁判所平成27年5月13日判決<LEX/DB25540953>)
 立命館大学准教授 安井栄二
※「法学セミナー増刊 速報判例解説 Vol.1(2007年)~Vol.18(2016年)」に収録されている文献は「TKCローライブラリー」内でPDFを閲覧できます。
[ 閉じる ]
Copyright(C) TKC Corporation All rights Reserved.