新・判例解説Watch   [ 編集委員・執筆者一覧 ] [ 速報重要判例解説 ] [ 閉じる ]
【ISSN:1881-7009】
刑事訴訟法
 刑事訴訟法 No.116 (文献番号 z18817009-00-081161662) 2018/9/21掲載 本文
 DNA型鑑定による犯人性の認定を否定した原判決を破棄した事例(最高裁判所第一小法廷平成30年5月10日判決<LEX/DB25449452>)
 獨協大学教授 徳永 光
 刑事訴訟法 No.115 (文献番号 z18817009-00-081151654) 2018/8/24掲載 本文
 GPS捜査は強制処分であり、立法による対応が望ましいとされた事例(最高裁判所大法廷平成29年3月15日判決<LEX/DB25448527>)
 大阪市立大学教授 三島 聡
 刑事訴訟法 No.114 (文献番号 z18817009-00-081141652) 2018/8/24掲載 本文
 7ヶ月半に及ぶ撮影についてプライバシー侵害の度合いが強いとして証拠排除した事例(さいたま地方裁判所平成30年5月10日判決<LEX/DB25560354>)
 成城大学教授 指宿 信
 刑事訴訟法 No.113 (文献番号 z18817009-00-081131640) 2018/8/17掲載 本文
 なりすまし捜査の適法性と証拠能力(鹿児島地方裁判所加治木支部平成29年3月24日判決<LEX/DB25448594>)
 熊本大学准教授 内藤大海
 刑事訴訟法 No.112 (文献番号 z18817009-00-081121639) 2018/8/17掲載 本文
 控訴審における無罪判決に対する破棄自判と事実の取調べ(東京高等裁判所平成29年11月17日判決<LEX/DB25560132>)
 南山大学教授 岡田悦典
 刑事訴訟法 No.111 (文献番号 z18817009-00-081111636) 2018/8/10掲載 本文
 控訴審における訴因変更(最高裁判所第二小法廷平成30年3月19日判決<LEX/DB25449335>)
 近畿大学教授 辻本典央
 刑事訴訟法 No.110 (文献番号 z18817009-00-081101587) 2018/2/23掲載 本文
 死刑確定者たる再審請求人と再審請求弁護人との書類等の授受(福岡高等裁判所平成28年11月11日判決<LEX/DB25544237>)
 甲南大学教授 笹倉香奈
 刑事訴訟法 No.109 (文献番号 z18817009-00-081091491) 2017/6/2掲載 本文
 訴訟能力の回復見込みがない場合の手続打切り(最高裁判所第一小法廷平成28年12月19日判決<LEX/DB25448338>)
 三重大学教授 伊藤 睦
 刑事訴訟法 No.108 (文献番号 z18817009-00-081081488) 2017/5/19掲載 本文
 取調べの録音録画記録を公判廷で長時間再生の上、映像記録中の被告人の供述態度や供述変遷から自白供述について十分に信用できるとした事案(宇都宮地方裁判所平成28年4月8日判決<LEX/DB25542682>)
 成城大学教授 指宿 信
 刑事訴訟法 No.107 (文献番号 z18817009-00-081071467) 2017/3/10掲載 本文
 関税法に基づく税関職員による郵便物の輸出入の簡易手続として行われる無令状検査等が憲法35条の法意に反しないとされた事例(最高裁判所第三小法廷平成28年12月9日判決<LEX/DB25448314>)
 一橋大学准教授 緑 大輔
 刑事訴訟法 No.106 (文献番号 z18817009-00-081061439) 2016/12/29掲載 本文
 押収済みパソコンを用いて検証許可状に基づき海外メールサーバにアクセスした捜査に重大な違法があるとして証拠を排除した事例(横浜地方裁判所平成28年3月17日判決<LEX/DB25542385>)
 成城大学教授 指宿 信
 刑事訴訟法 No.105 (文献番号 z18817009-00-081051419) 2016/11/4掲載 本文
 再審請求審における明白性の判断方法――松橋事件再審請求審・再審開始決定(熊本地方裁判所平成28年6月30日決定<LEX/DB25543182>)
 熊本大学准教授 内藤大海
 刑事訴訟法 No.104 (文献番号 z18817009-00-081041375) 2016/7/29掲載 本文
 再審請求審の審理対象――姫路郵便局強盗事件・即時抗告審決定(大阪高等裁判所平成28年3月15日決定<LEX/DB25542493>)
 関西学院大学教授 川崎英明
 刑事訴訟法 No.103 (文献番号 z18817009-00-081031366) 2016/7/1掲載 本文
 強姦について被害者供述の信用性が否定され破棄自判により無罪となった事例(福岡高等裁判所宮崎支部平成28年1月12日判決<LEX/DB25541932>)
 成城大学教授 指宿 信
 刑事訴訟法 No.102 (文献番号 z18817009-00-081021328) 2016/3/18掲載 本文
 本来は起訴猶予相当事案であったなどとして、刑の免除を言い渡した事例(大阪簡易裁判所平成27年2月26日判決<LEX/DB25506111>)
 龍谷大学教授 福島 至
※「法学セミナー増刊 速報判例解説 Vol.1(2007年)~Vol.18(2016年)」に収録されている文献は「TKCローライブラリー」内でPDFを閲覧できます。
[ 閉じる ]
Copyright(C) TKC Corporation All rights Reserved.