新・判例解説Watch   [ 編集委員・執筆者一覧 ] [ 速報重要判例解説 ] [ 閉じる ]
【ISSN:1881-7009】
倒産法
 倒産法 No.48 (文献番号 z18817009-00-150481627) 2018/7/20掲載 本文
 第三債務者が差押債務者に対する弁済後に差押債権者に対してした更なる弁済は、破産法162条1項の規定による否認権行使の対象とならない(最高裁判所第三小法廷平成29年12月19日判決<LEX/DB25449126>)
 弁護士・関西学院大学教授 稲田正毅
 倒産法 No.47 (文献番号 z18817009-00-150471625) 2018/7/13掲載 本文
 共同企業体の代表組合員が破産した際に破産財団に組み入れられた共同企業体の請負代金の帰趨(福岡高等裁判所那覇支部平成28年7月7日判決<LEX/DB25546141>)
 弁護士 須藤 力
 倒産法 No.46 (文献番号 z18817009-00-150461624) 2018/7/13掲載 本文
 小規模個人再生において信義則違反による不認可事由の判断に当たり無異議債権の存否を考慮することの可否(積極)(最高裁判所第三小法廷平成29年12月19日決定<LEX/DB25449148>)
 弁護士・関西学院大学教授 稲田正毅
 倒産法 No.45 (文献番号 z18817009-00-150451614) 2018/6/8掲載 本文
 留保所有権に基づく自動車引揚げと偏頗行為否認(東京高等裁判所平成30年1月18日判決<LEX/DB25549515>)
 東北大学准教授 宇野瑛人
 倒産法 No.44 (文献番号 z18817009-00-150441568) 2018/1/26掲載 本文
 自動車売買で所有権留保の合意がされ、代金債務の保証人が販売会社に代金残額を支払った後、購入者の破産手続が開始した場合において、その開始の時点で自動車につき販売会社名義の登録がされている場合における別除権行使の可否(積極)(最高裁判所第一小法廷平成29年12月7日判決<LEX/DB25449089>)
 弁護士 木村真也
 倒産法 No.43 (文献番号 z18817009-00-150431565) 2018/1/26掲載 本文
 再生債務者が無償行為若しくはこれと同視すべき有償行為の時に債務超過であること又はその無償行為等により債務超過になることは民事再生法127条3項に基づく否認権行使の要件か(消極)(最高裁判所第一小法廷平成29年11月16日判決<LEX/DB25449050>)
 弁護士 木村真也
 倒産法 No.42 (文献番号 z18817009-00-150421561) 2018/1/12掲載 本文
 破産債権者が破産手続開始後に物上保証人から債権の一部の弁済を受けた場合における、破産手続開始時の債権の額を基礎として計算された配当額のうち実体法上の残債権額を超過する部分の配当方法(最高裁判所第三小法廷平成29年9月12日決定<LEX/DB25448911>)
 弁護士 木村真也
 倒産法 No.41 (文献番号 z18817009-00-150411518) 2017/8/10掲載 本文
 登録名義を有しない自動車の留保所有権者による別除権行使を認めた事例(札幌高等裁判所平成29年3月23日判決<LEX/DB25545715>)
 弁護士 阿部弘樹
 倒産法 No.40 (文献番号 z18817009-00-150401453) 2017/2/10掲載 本文
 破産申立てを受任した弁護士に財産散逸防止義務違反が認められなかった事例(青森地方裁判所平成27年1月23日判決<LEX/DB25542978>)
 弁護士 横路俊一
 倒産法 No.39 (文献番号 z18817009-00-150391442) 2017/1/13掲載 本文
 債務者の財産減少行為等につき、破産申立て前に辞任した弁護士の責任(東京地方裁判所平成27年10月15日判決<LEX/DB25531893>)
 弁護士 渡邉英貴
 倒産法 No.38 (文献番号 z18817009-00-150381438) 2016/12/29掲載 本文
 自動車登録名義を具備していない留保所有権者による別除権行使の可否(札幌地方裁判所平成28年9月13日判決<LEX/DB25543728>)
 弁護士 後藤泰己・須藤 惇
 倒産法 No.37 (文献番号 z18817009-00-150371428) 2016/12/9掲載 本文
 死亡保険金受取人の死亡保険金請求権と破産財団(最高裁判所第一小法廷平成28年4月28日判決<LEX/DB25447923>)
 日本大学准教授 杉本純子
 倒産法 No.36 (文献番号 z18817009-00-150361411) 2016/10/14掲載 本文
 契約上の合意に基づき再生債権を自働債権としてなした三者間相殺の効力(最高裁判所第二小法廷平成28年7月8日判決<LEX/DB25448048>)
 弁護士 伊藤 尚
 倒産法 No.35 (文献番号 z18817009-00-150351399) 2016/9/16掲載 本文
 登録制度のない建設機械の留保所有権の行使に係る対抗要件具備の要否と占有改定の存否(東京地方裁判所平成27年3月4日判決<LEX/DB25541512>)
 弁護士 相沢祐太
 倒産法 No.34 (文献番号 z18817009-00-150341356) 2016/6/3掲載 本文
 自動車登録名義を具備していない所有権留保権者による破産手続開始決定前の所有権留保実行行為に対する否認権行使の可否(神戸地方裁判所平成27年8月18日判決<LEX/DB25542101>)
 弁護士 舘脇幸子・木下清午
 倒産法 No.33 (文献番号 z18817009-00-150331353) 2016/5/27掲載 本文
 法定相続分を超える遺産分割に対する否認の請求に理由がないとされた事例(東京高等裁判所平成27年11月9日判決<LEX/DB25541921>)
 弁護士 三森 仁
 倒産法 No.32 (文献番号 z18817009-00-150321347) 2016/5/20掲載 本文
 租税債権を第三者弁済した場合の弁済による代位を理由とする優先的破産債権確認請求訴訟の破産法100条1項の権利行使該当性(積極)〔1事件〕租税債権を第三者弁済した場合の弁済による代位を理由とする財団債権の請求の可否(消極)〔2事件〕(東京地方裁判所平成27年11月12日判決/東京地方裁判所平成27年11月26日判決<LEX/DB25531998/LEX/DB25532005>)
 弁護士 野村剛司
 倒産法 No.31 (文献番号 z18817009-00-150311304) 2016/1/29掲載 本文
 軽自動車のクレジット販売契約上の占有改定による引渡しと否認権の行使(名古屋地方裁判所平成27年2月17日判決<LEX/DB25541422>)
 名古屋大学教授 渡部美由紀
 倒産法 No.30 (文献番号 z18817009-00-150301301) 2016/1/22掲載 本文
 支払不能の意義とその認定――メインバンクが融資先から受けた弁済が支払不能後になされたものと認定された事例(高松高等裁判所平成26年5月23日判決<LEX/DB25541334>)
 弁護士 中森 亘
※「法学セミナー増刊 速報判例解説 Vol.1(2007年)~Vol.18(2016年)」に収録されている文献は「TKCローライブラリー」内でPDFを閲覧できます。
[ 閉じる ]
Copyright(C) TKC Corporation All rights Reserved.