TKCは法律情報データベース「LEX/DB」を提供して25年
LEX/DBインターネット image

更 新 情 報

 
2016. 5.27  new 新・判例解説Watch:刑法No.103
新・判例解説Watch:倒産法No.33
新・判例解説Watch:租税法No.134
2016. 5.24  new 注目の判例:5月第4週
2016. 5.18  new 税法話題の判例紹介(通巻第201号)

LEX/DBに収録された「注目の判例」

LEX/DBの「新着判例」の中から、テレビ、新聞記事などで報道された「注目の判例」を毎週ピックアップしてご紹介します
今週の「注目の判例」
 平成28年5月・第4週  
  ―― 平成28年 5月19日新着判例 234件から 「注目の判例」として 3件 ピックアップ
保全異議申立事件件
[東京地方裁判所 平成28年 4月 7日決定(第一審)]
【概 要】 債権者は、自らが編集著作物たる判例解説雑誌[第4版](本件著作物)の共同著作者の一人であることを前提に、債務者(出版社)が発行しようとしている判例解説雑誌[第5版](本件雑誌)は本件著作物を翻案したものであるなどと主張して、本件著作物の〔1〕翻案権並びに二次的著作物の利用に関する原著作物の著作者の権利(著作権法28条)を介して有する複製権、譲渡権及び貸与権又は〔2〕著作者人格権(氏名表示権及び同一性保持権)に基づく差止請求権を被保全権利として、債務者による本件雑誌の複製、頒布、頒布する目的をもってする所持又は頒布する旨の申出を差し止める旨の仮処分命令を求め、当裁判所は、本件仮処分申立てには理由があると判断し、「債務者は、本件雑誌の複製、頒布、頒布する目的をもってする所持又は頒布する旨の申出をしてはならない。」との仮処分決定をしたため、債務者がこれを不服として保全異議を申し立て、原決定である上記仮処分決定の取消しと仮処分申立ての却下を求めた事案において、上記仮処分申立てには理由があり、これを認容した原決定(仮処分決定)は相当であるとして、同裁判所が平成27年10月26日にした仮処分決定を認可した事例。

新・判例解説Watch

重要な判例の解説をいち早くご提供します |「新・判例解説Watch」とはこれまでの掲載内容
刑法No.103 業務上過失致死傷被告事件  new
[大阪高等裁判所平成27年3月27日判決(LEX/DB25506197)]
   立命館大学教授 松宮孝明
倒産法No.33 否認請求控訴事件  new
[東京高等裁判所平成27年11月9日判決(LEX/DB25541921)]
   弁護士 三森 仁
租税法No.134 法人税更正処分等取消請求控訴事件  new
[東京高等裁判所平成27年5月13日判決(LEX/DB25540953)]
   立命館大学准教授 安井栄二
刑法No.102 現住建造物等放火被告事件  new
[東京高等裁判所平成27年12月15日判決(LEX/DB25542096)]
  一橋大学教授 本庄 武
行政法No.164 開発許可処分取消請求事件  new
[最高裁判所第一小法廷平成27年12月14日判決(LEX/DB25447647)]
  名古屋大学教授 下山憲治
環境法No.59 損害賠償請求控訴事件  new
[東京高等裁判所平成27年12月22日判決(LEX/DB25541933)]
  福島大学准教授 清水晶紀
民法(家族法)No.85 価額償還請求上告、同附帯上告事件  new
[最高裁判所第二小法廷平成28年2月26日判決(LEX/DB25447790)]
  京都産業大学教授 渡邉泰彦
倒産法No.32 優先的破産債権確認請求事件/立替金支払請求事件  new
[東京地方裁判所平成27年11月12日判決/東京地方裁判所平成27年11月26日判決(LEX/DB25531998/LEX/DB25532005)]
  弁護士 野村剛司
商法No.89 不足額填補責任履行請求・役員責任査定異議、保険金請求控訴事件
(セイクレスト弁護士賠償責任保険請求等控訴事件)
  new
[大阪高等裁判所平成28年2月19日判決(LEX/DB25542008)]
  大阪大学教授 山下典孝
憲法No.108 給与等減額処分取消等請求事件
[大阪地方裁判所平成27年12月21日判決(LEX/DB25541957)]
  三重大学准教授 内野広大

税法話題の判例紹介

税務に役立つ話題の判例・裁決を、TKC税務研究所による解説をつけて毎月ご提供します |バックナンバー

会社案内個人情報保護方針リンク・免責事項・著作権セキュリティへの取り組み
Copyright (c) 1999 TKC Corporation All rights Reserved./LEX/DBインターネットに関する知的所有権その他一切の権利は株式会社TKCおよび情報提供者に帰属します。